肩こり改善コース

作業療法士とは

理学療法士・作業療法士はともに医療国家資格です。

簡単に分けると、

理学療法士は筋力など機能を改善させ、日常生活に戻ることを目指します。

作業療法士は日常生活での質、〇〇がもっとうまくできるように…を目指します。

 

わかりにくいですね。簡単に分けるなら

理学療法士は「体幹・下肢」、作業療法士は「上肢」の専門家です。

 

上肢の専門家が行う?「肩こり屋」とは?

上肢のトラブルは「いわゆる肩こり」「四十肩・五十肩」「腱鞘炎」「肘痛」…など

様々あります。

これらは生活ができなくなるほどでなく、マッサージなどでごまかしてしまいがちです。

しかし、放置しておくと拘縮といって全く動かなくなっていまったり、神経痛を引き起こします。

肩こり.jpg

上肢の専門家によるファシアリリースにて、細かい筋肉1つずつを正しく改善していきます。

とくに手や肩は細かい動作・作業を行います。緻密に施術をしないとうまくいきません。

特に腱鞘炎や手首は細かく専門家にお任せください!