症状の原因分析(治療コンセプト)

原因分析とは屋根の工事

対症療法(症状に対して対処すること:痛み止めの薬やマッサージ)と原因に対する治療は異なります。

 

雨漏りを例に説明します。

雨漏りに気が付くとき、人は天井から雨漏りが生じたときに発見します。

身体でいうと「痛み」「違和感」「不調」がこれに当たります。

 

雨漏りが起きたらどうしますか?

雨漏りにより濡れた床を丁寧に拭くことをまずは考え、対処します。

これはとても簡単で誰にでも行えます。その場は良くなりますが…

しかし、再び雨が降れば雨漏りは起きてしまい、再度拭き掃除をしなければいけません。

これを繰り返すうちに、柱や床はカビが生え、シロアリにやられ、家は倒壊してしまいます。

 

原因分析とは?

雨漏りを繰り返すと、そろそろヤバイ…と思いますよね。このままではいけないと。

専門業者へ依頼すると、天井や床の掃除ではなく、雨漏りの原因を分析して、原因探しを徹底します。

原因がわかれば後は簡単です。屋根が原因であれば屋根の補修工事をすれば、雨漏りは改善されます。

雨漏り.jpg

 

あなたの身体はどうなっている?

電気やマッサージで痛いところの治療だけをしていませんか?

なぜ痛くなるのか?どこが悪くて痛くなったのか?を説明を受けましたか?

痛くなった結果だけに目をむけるのではなく、我々は「なぜ痛くなったか?」「どうして痛いのか」

痛みの出現する原因を徹底的に分析していきます。

痛みの多くは「ファシアの癒着」にあります。ファシアリリースにて1㎜単位で原因を取り除きます。

そして、筋力低下や可動域低下に対して、個別プログラムを作成しエクササイズをして頂きます。