筋膜(ファシア)リリースとは

 

 

筋膜(ファシア)って何?

筋肉や神経、臓器など人間の身体の細胞は「ファシア」により包まれています。

(鶏肉のブロッグの間にある薄い膜のことです)

使いすぎや偏った使い方、ケガなどによる炎症が生じるとファシア同士が癒着してしまいます。

 

正常のファシアは下図のように伸張性があり、くっついていません。

硬い筋肉(肩こりや筋性の痛み)は下右図のよう線維が癒着し、筋肉同士を癒着させてしまいます。

(鶏肉でもたまに線維ばった硬い膜があることがあります。包丁で切らないとバラバラにならない膜です)

 

また、坐骨神経痛など神経痛はこのファシアの癒着により神経が圧迫され痺れなどの症状が出現します。

この膜の治療をすることで、筋肉や神経がそれぞれ正しい働きをすることで違和感などがなくなります。

筋膜正常.png

癒着筋膜.png

 

ファシアリリース(組織間リリース)

「ファシアリリース」とは、筋膜だけでなく神経などすべてに行うことができます。

上記のファシアの癒着の線維を1本ずつ丁寧に「リリース(はがす)」していきます。

指先の一点(爪ではないです)で1㎜単位ですこしずつはがしていきます。

痛みを感じることなく、「溶けた」「ゆるんだ」といった感覚を味わうことができます。

商品のシールやラベルをはがすとき、ラベルの縁をゆっくり丁寧に、かつ商品を傷つけないようにすると思います。

人間の身体、筋肉もどうように無理な力ではがすと痛めてしまいます。

 

どこよりも丁寧に、慎重に施術をすることで、本来の筋肉に戻すことができます。

日本健康予防医学会、(株)GLAB蒲田和芳先生が考案したISR®(組織間リリース)を用いて上記リリースを行います。

テープはがし.jpg